ページの先頭です。

社団法人福島県鍼灸師会創立55周年記念講演

社団法人福島県鍼灸師会は創立55周年を迎えることが出来ました。近年、地球上の生物をとりまく環境が変化しつつあり、疾病が多様化するなか、一般の方々に鍼灸治療への理解をより深めて頂こうと無料の公開講演を実施致しました。

開催:平成16年11月28日(日曜日)

場所:ビックパレットふくしま コンベンションホールB

9時30分 社団法人福島県鍼灸師会会長挨拶

会長 高橋秀行

9時35分 公開講演1「社団法人福島県鍼灸師会55年のあゆみ」

理事 三瓶真一

10時00分 公開講演2「鍼灸(ツボ)はなぜ効くのか」

理事 中沢良平

11時00分 公開鍼灸(ツボ)治療相談会

本会青年部

コンベンションホール

会場入り口

高橋会長

最初に高橋会長のあいさつからです。

三瓶理事

公開講演1

理事三瓶真一が、社団法人福島県鍼灸師会の55年の歴史や活動をスライドをつかって説明しました。振り返ると本会の先輩方が、少しずつ積み上げてきたものがあるから、現在の会の活動があるのだと感じました。

中沢理事

公開講演2

同じく理事の中沢良平が「鍼灸(ツボ)はなぜ効くか」というテーマで一般の方々へわかりやすくスライドや動画を使って説明しました。会場ではメモをとりながら聞いていた方もいらっしゃいました。逆子の鍼灸治療の貴重な映像も公開しました。

青年部

公開講演が終わり、本会青年部による「鍼灸(ツボ)治療相談会」を行いました。鍼灸治療についての疑問やご自身の健康状態の相談などされていました。このように、直接鍼灸師が対応すると鍼灸治療に対する不安などが取り除かれ、鍼灸治療の普及にもつながると思います。

学校案内

こちらは、福島県内にある鍼灸学校の学校案内コーナーです。(写真左側から福島県立盲学校・福島柔整鍼灸専門学校・国際メディカルテクノロジー専門学校です。)

ビックパレットふくしま

無事に創立55周年記念講演会は終了しました。わたしたちは今日からまた、60周年、65周年へと未来へ向かって活動してゆきたいと思います。