記事一覧

【お知らせ】 『生江先生の追い出しコンパ』の開催

青年部よりお知らせします。

本会会員の生江先生が4月に中国(北京)へ移住することになりました。
移住後も退会せず福鍼会の活動に協力して頂けるとのことですが、
なかなかお会い出来なくなります。

そこで、生江先生の門出を祝い、青年部で『生江先生の追い出しコンパ』を企画しました。

日時:3月27日(日)16時くらい~(青年部・学術共済講習会終了後)
場所:ビッグアイのイタリア料理店 ピアチェーレ
参加費:1人4,000円

参加ご希望の方は、今泉までご連絡下さい。
連絡先:090-3121-5642

【予告】3月27日・青年部・学術共催研修会(兼生涯研修会・専門領域研修会)

下記の通り、平成22年度 青年部講習会兼本会生涯研修会を行いますので、お知らせ致します。

※専門領域研修会専門科目(4単位)および共通科目(2単位)、本会生涯研修会(臨床6単位)認定となります。

日時:平成23年3月27日(日)
   10時30分~(受付午前10時15分から)

場所:郡山市市民交流プラザ 第1会議室(ビッグアイ7階)

参加費:福島県鍼灸師会会員・・・・・・・・・無料
  上記会員の従業員 ・・・・・1000円
  福島地区全日学会会員・・・・1000円
  鍼灸学校学生・・・・・・・・1000円
  一般鍼灸師 非会員・・・・・2000円

※参加費は当日受付でお支払いください。

【内容】(会員向け郵送での案内と講演順序が変わりました)

第一部(10時30分~12時00分)
介護予防の事例(2) 青年部
(生涯研修・臨床2単位 専門領域2単位)
 
第二部(13時00分~14時30分)
鍼灸院経営の原点
(生涯研修・臨床2単位 専門領域2単位)
            講師:本会副会長 中沢良平
 
第三部(14:30~16:00)
鍼灸医療事故実例と危機管理(2)
(生涯研修・臨床2 専門領域共通科目2)
            講師:本会学術部長 三瓶真一

※2月27日開催の「鍼灸医療事故実例と危機管理(1)」の時の課題レポートを教材に危機管理・事故防止について討議を行います。
※レポート提出先はFax0248-46-3114か、〒961-0973 福島県白河市字北登リ町5-1三瓶鍼療院まで、3月20日必着でお願いいたします。
※レポートは3題まで提出できます。1レポートについて共通科目2単位を付与いたします。
※2月27日開催の「鍼灸医療事故実例と危機管理(1)」を受講していない先生は、レポートの提出による単位取得はできません。


お問い合わせ:学術部 三瓶
       福島県白河市北登リ町5-1(三瓶鍼療院内)
         電話:0248-27-1846 Fax:0248-46-3114

【お知らせ】23年度研修予定

平成23年度の研修予定が決まりました。

下記からPDF形式でダウンロードできます。


 
 
リンク
 PDF 約87KB
 ワード形式 約45KB
 
 


お問い合わせ:学術部・三瓶
         福島県白河市北登リ町5-1
         電話:0248-27-1846 (三瓶鍼療院内)
 

【お知らせ】本会生涯研修会・専門領域研修会単位満了者について

<<中間報告・H23/2/20現在・随時更新します>>
 
平成22年度本会生涯研修会(財団法人東洋療法研修試験財団生涯研修)単位満了者
 
相田洋二、安斎昌弘、今泉洋平、遠藤賢一、大越めぐみ、小川好裕、小沼慎介、樫村由美子、柏原修一、片平好晃、熊谷 博、斎藤俊介、佐々木建彦、佐藤 佳代子、佐藤今一、三瓶真一、白井和弥、高橋秀行、竹村 裕、竹本利光、粒来和正、中沢良平、永山剛士、生江 毅、根本一郎、箱岩義郎、橋本修一、矢吹 淳、山内隆一、田村 龍、米倉良平、以上
 
※平成23年3月27日の講習会(終日)までが単位対象となっています。
 
  
公益社団法人日本鍼灸師会第4回専門領域研修会(鍼灸安全リスクマネジメント)単位満了者
 
安斎昌弘、今泉洋平、佐藤今一、白井和弥、三瓶真一、中沢良平、橋本修一、永山剛士、以上
 
※平成23年度末までの講習会が対象になっています。


お問い合わせ:学術部・三瓶
         福島県白河市北登リ町5-1
         電話:0248-27-1846 (三瓶鍼療院内)
 
 

【お知らせ】学術功労会長賞授与予定者について

平成22年度本会定期学術講習会(春・夏・冬季)すべて修了した下記会員には、本会会長より学術功労会長賞として平成22年度研修証を授与いたします。

<<確定>>
  
相田洋二、安斎昌弘、今泉洋平、遠藤賢一、太田友理香、片平好晃、斎藤俊介、佐藤佳代子、佐藤今一、三瓶真一、白井和弥、竹村 裕、田村 龍、中沢良平、永山剛士、根本一郎、箱岩義郎、橋本修一、矢吹 淳、米倉良平

以上の先生方におかれましては、平成23年通常総会時に授与式を行いますので必ずご参加くださいますようお願いいたします。

※基本的に、研修証の郵送は行いません。


お問い合わせ:学術部・三瓶
         福島県白河市北登リ町5-1
         電話:0248-27-1846 (三瓶鍼療院内)

【予告】2月27日・青年部・学術共催研修会(兼生涯研修会・専門領域研修会)

下記の通り、平成22年度 青年部講習会兼本会生涯研修会を行いますので、お知らせ致します。

※専門領域研修会専門科目(4単位)および共通科目(4単位)、本会生涯研修会(臨床4単位)認定となります。

日時:平成23年2月27日(日)
   10時15分~(受付午前10時00分から)

場所:郡山市市民交流プラザ 第2会議室(ビッグアイ7階)

参加費:福島県鍼灸師会会員・・・・・・・・・無料
  上記会員の従業員 ・・・・・1000円
  福島地区全日学会会員・・・・1000円
  鍼灸学校学生・・・・・・・・1000円
  一般鍼灸師 非会員・・・・・2000円

※参加費は当日受付でお支払いください。

【内容】

第一部(10時30分~12時00分)
シンポジウム 「これからの経営」 青年部
(生涯研修・臨床2単位 専門領域2単位)

第二部(13時00分~14時30分)
シンポジウム 「介護予防運動指導の事例」 青年部
(生涯研修・臨床2単位 専門領域2単位)

第三部(14:30~16:00)
鍼灸医療事故実例と危機管理(1)
(専門領域共通科目2 共通科目課題レポート2 計4単位)
            講師:本会学術部長 三瓶真一



お問い合わせ:学術部 三瓶
       福島県白河市北登リ町5-1(三瓶鍼療院内)
         電話:0248-27-1846 Fax:0248-46-3114

【重要・予告】2月19日(土夜~) 専門領域研修補講(基礎・共通・専門のいずれか10単位)

2月19日(土)夜より、下記の要項でナイトセミナーを行いますのでお知らせいたします。

なお、このナイトセミナーは、専門領域研修(鍼灸安全リスクマネジメント)の、基礎科目(10単位)、共通科目(10単位)、専門科目(10単位)のいずれかの単位の補講といたします。

日時:平成23年2月19日(土)19:00~翌20日(日)09:00まで。

会場:郡山市・みずほ旅館
     〒963-8862 福島県郡山市菜根5-8-15
      TEL 024-922-4960  FAX 024-922-4962 

受講料(宿泊費・二食付き):約7000円

セミナー内容:座談会形式での研修
       ・安全な鍼灸治療
       ・鍼灸師賠償責任保険制度について
       ・難病の鍼灸治療
       ・医療、鍼灸、最新の話題
       ・質疑応答 ほか

取得単位:基礎単位10単位、共通単位10単位のうち、いずれか。

申込期限:平成23年2月13日


申し込み先:本会学術部 三瓶
     福島県白河市北登リ町5-1(三瓶鍼療院内)
     電話:0248-27-1846 Fax:0248-46-3114

【報告】冬季学術講習会 兼 (財)東洋療法研修試験財団共催生涯研修会

1月30日(日)に、郡山市ビッグアイ7階にて福島県鍼灸師会冬季学術講習会 兼 (財)東洋療法研修試験財団共催生涯研修会が開催されました。
その模様を報告いたします。

第一部(財団共催生涯研修)

『医の倫理 -話し合うことから-』
講師:福島学院大学
    名誉教授 菊地史子先生

【共催生涯研修・基礎医学2単位 専門領域2単位】

臓器移植においての、移植に同意の意思を表示できない意識のないドナーの問題から講演に入り、医療人として、患者様である『人に向き合う能力』を磨く必要や、患者様への病状や治療の説明でより理解を深めて頂ける実際の話法やテクニックについて、大変細やかでわかりやすくお話し頂きました。
 
 
第二部

『プライマリケアについて』
講師:福島県プライマリケア研究会
    副会長 中沢良平先生(本会副会長・一寸法師ハリ治療院院長)

【生涯研修・臨床2単位 専門領域2単位】

本会副会長で、福島県プライマリケア研究会副会長でもある中沢先生のご講演。鍼灸は昔からプライマリケアを実践していた、今後は痛みをはじめとする疾病の治療だけではなく、地域住民の方たちへ筋力増進による介護予防などの取り組みが必要とされる、と言うことでした。
 
 
第三部
 
『社会が求めている「鍼狂人」 -あの人の患者になりたい-』
講師:東日本医療専門学校教頭 スポーツ科学科長
        川嶋針灸院院長 川嶋和義先生

【生涯研修・医学教養2単位 専門領域2単位】

様々な角度から、誰でも安心して受けられる鍼灸医療のあり方、社会から求められる鍼灸師像について、実技を交えた90分を超える講演をして頂きました。
 



 
 
3部の講演が終わった夕刻からは、例年通りビッグアイ5階・イタリアンレストラン・ピアチェーレにて福鍼会新年の集いを開催いたしました。

本会では、県民のみなさんに安全で質の高い鍼灸医療を提供できるよう、定期講習会や研修会、学会などを通して常に学術の研鑽を行い、医療人としての意識を高めています。

またこのような親睦会を通して会員相互の親睦を深め、会員間の様々な情報交換のできる場を設けています。

(報告者:学術部 三瓶)

【予告】23年1月30日 冬季学術講習会 兼 (財)東洋療法研修試験財団共催生涯研修会【無料公開講座】

下記の通り、本会冬季学術講習会(兼 生涯研修会・専門領域研修会)を、財団法人東洋療法研修試験財団との共催生涯研修会として開催いたしますので、ご案内いたします。

財団法人東洋療法研修試験財団のホームページ

期 日 : 平成23年1月30日(日) 午前10時15分~

会 場 : 郡山駅前ビッグアイ7階 市民交流プラザ第2会議室

参加費 : 無料公開講座(どなた様も参加できます)

内容
10:30~12:00
1)特別講演『医の倫理-話し合うことから-』
講師 福島学院大学名誉教授 菊地史子先生

13:00~14:00
2)教育講演1『プライマリケアについて』
講師 本会副会長 中沢良平先生

14:00~15:30
3)教育講演2『社会が求めている「鍼狂人」-あの人の患者になりたい-』
講師 東日本医療専門学校教頭 スポーツ科学科学科長
        川嶋針灸院院長 川嶋和義先生

※本会会員の参加については、下記の通り本会生涯研修会・専門領域研修会の単位取得講座となっております。

特別講演 (基礎医学2・専門領域専門科目2)
教育講演1(臨床2・専門領域専門科目2)
教育講演2(医学教養2・専門領域専門科目2)

  • -------------------------------------------------

<お問い合わせ>

社団法人 福島県鍼灸師会 学術部・三瓶
電話0248-27-1846(三瓶鍼療院内) Fax0248-46-3114

【重要・予告】第20回介護予防運動指導員養成講座(郡山会場)開講のお知らせ

平成23年1月9日(日)より、福島県郡山市を会場に、公益社団法人日本鍼灸師会主催の第20回介護予防運動指導員養成講座が開催されますのでお知らせいたします。

開催要項・申込書(PDF)
(クリックでダウンロードできます)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1.開催日時
1回目 H23年1月 9日(日) 10:30~18:00 (9:30から受付・10:00から開講式)
2回目 H23年1月10日(月・祝) 9:00~18:00
3回目 H23年1月16日(日) 9:00~18:00
4回目 H23年2月11日(金・祝) 9:00~18:00
5回目 H23年2月13日(日) 9:00~18:00 (16時30分より修了試験)

2.会 場
講義会場 : 国際メディカルテクノロジー専門学校 TEL 024-956-0160
福島県郡山市方ハ町2-4-19
実技会場 : ミナト医科学(株)仙台営業所 TEL 022-245-7161
仙台市太白区富沢1-3-3

3.募集定員
40名 ※定員になり次第締め切りといたします。

4.受講資格
はり師、きゅう師、医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、歯科衛生士、あん摩・マッサージ・指圧師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、介護支援専門員、健康運動指導士等、商業スポーツ施設指導者(初・中・上級、日本体育協会)、スポーツプログラマー1種・2種(日本体育施設協会)、体育系大学および総合大学の体育学部並びに社会体育系専門学校等卒業者、訪問介護員2級以上で実務経験2年以上の者

※そのほかの受講資格についてはお問合せ下さい。

5.講習内容
介護予防概論、介護予防評価論、低栄養予防、介護予防統計学、失禁予防、認知症予防、行動科学、介護予防評価論・演習、転倒予防、転倒予防・演習、失禁予防・演習、リスク管理、高齢者筋力向上トレーニング講義・演習、口腔機能向上特論・演習、修了試験 (プログラムはホームページに掲載)

6.受講証明書と登録証・認定証の発行
講義、演習の全31.5時間を修了した受講者には、公益社団法人日本鍼灸師会発行の受講証明書を授与いたします。また、最終日には60分の修了試験を行い、合格した方は地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター(東京都総合老人研究所)に登録されます。その後、同財団の修了証と登録証、日鍼会より認定証が発行されます。

7.欠席の場合の取り扱い
原則としてすべての講義及び演習を履修することで修了試験の受験条件となります。ただし、やむを得ない事情で欠席の場合、総時間の8割程度の出席があれば受験を認めます。

8.受 講 料
日鍼会会員 65,000円 ・ 一般 75,000円

9.お申込み
①上記の申込書をダウンロードし、印刷後必要事項を記入して、日鍼会事務局までFAXまたは郵送して下さい。
  FAX 03-3985-6622
  〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-44-14
   (公社)日本鍼灸師会 保険局介護保険部 宛

②申込書受領の連絡をします。
③その後、受講明細書類等を郵送します。

10.お問合せはFAXでお願いいたします。

先着順で受付いたしますので、定員になり次第受付を修了いたします。